世界の旗

世界環境サミット
in SDGs Virtual City

駐日ウズベキスタン共和国特命全権大使

ムクシンクジャ・アブドゥラフモノフ  様

 2021年12月現在

全文紹介

皆さま、はじめまして。駐日ウズベキスタン共和国特命全権大使ムクシンクジャ・アブドゥラフモノフと申します。

 

第4回世界環境サミットin SDGs Virtual City 開催に際し、このようにビデオメッセージをお送りできることを大変嬉しく、光栄に思います。このメッセージ動画は、アラル海の隣にあるヌクス市よりお送りしています。

 

今日は、地球上で最悪の環境破壊、「アラル海の悲劇」についてお伝えしたいと思います。  

アラル海は、中央アジアにおけるカザフスタンの南部とウズベキスタンの北西部の中間に位置しています。20世紀第3四半期までは、世界で4番目に大きな塩水湖でした。アムダリア川とシルダリア川はそれぞれ、南部からと北部からアラル海に注いでいます。  

 

1960年代に、ソ連政府はウズベキスタンの農業発展のため、アラル海に注ぐこれらの川を砂漠地帯の灌漑用に転用することを決定しました。すると、1960年代以降、アラル海の水位は急激に低下し始めたのです。  

 

2014年8月、NASAによる衛星画像により、近代史上初めてアラル海の東部盆地が完全に干上がっていることが判明しました。今日では、アラル海の面積は1960年代の10%以下に減ってしまっています。アラル海の災害は、土地の劣化や砂漠化、飲料水不足、栄養失調、健康状態や生活レベルの低下など、地域に多くの悪影響をもたらし、過去55年の間に、その影響はどんどん大きくなっています。

 

この55年の間に、アラル海が干上がった後の海底部分が、アラル海と呼ばれる新しい砂漠として出現し、その面積は520万ヘクタールと、世界の砂漠同様の広さです。  

 

アラル海には、人々の幸福や社会経済的発展、あるいは生物の多様性や生態系維持に必要なインフラや社会的環境が全くありません。ウズベキスタンをはじめとする中央アジア諸国や国連機関、支援者などが、アラル海の枯渇の影響を軽減するために様々な対策をとってきました。  

特にアラル海流域ODHDの4つのプログラム、および他の多くの国内および国際的なプログラムは、安全保障と協力のための組織(OSCE)の後援の下で実施されています。しかしながら、この地域の状況を考えると、アラル海地域の社会経済的発展と地域住民の福利厚生を確保するためにも、何らかの措置が直ちに必要です。アラル海の大惨事は、単にこの地域の問題だけでなく、世界的な問題でもあります。環境保全への取り組みを強化することの大切さを、まざまざと見せつけられた思いです。  

 

ウズベキスタン共和国のシャヴカト・ミルズィヤエフ大統領閣下が進める善隣政策とは、アラル海の環境問題を解決し、この地域の人々の生活水準を高めるために、これらの国々の努力を結集することを目的としています。  

 

近年、ウズベキスタンは、アラル海の災害の影響を最小限に抑え、気候変動の悪影響を軽減するために、いくつかの包括的な長期的対策を講じています。

2018年には、10年ぶりにアラル海を救うための国際基金の会議がトルクメニスタンで開催されました。

 

同年、ウズベキスタン大統領の呼びかけにより、人間の安全保障のための国連多国籍信託基金がアラル海地域に設立されました。  

 

2021年5月18日、ウズベキスタンのシャフカト・ミルジヨエフ大統領閣下の提案により、国連総会は匿名でアラル海地域を環境革新・技術地帯と宣言する特別決議を採択しました。この決議には、日本を含む世界の約60カ国が賛同しています。

 

干ばつや水不足に対処し、アラル海災害の影響を緩和し、アラル海地域を発展させることに関心のあるパートナーと力を合わせるために、断固とした行動が取られています。

 

2022年には、私が今いるアラル海地域(NUKU市)で、国連と協力して、グリーンエネルギーに関するハイレベルな国際フォーラムを開催する予定です。このイベントは、今年5月に承認された「アラル海地域を環境イノベーション・テクノロジーゾーンとする」という国連総会特別決議の実施に向けた重要なステップとなるものです。

 

日本政府は、アラル海地域の環境および経済的脆弱性に対する地域社会の回復力を強化し、公衆衛生と人的能力を向上させることを目的とした世界銀行のプロジェクトに融資しています。また、JICA と科学技術振興機構(JST)の資金協力のもと、日本とウズベキスタンの大学コンソーシアム(共同企業体)が、アラル海地域の水利用効率と塩害による作物生産性と生活への影響を監視・管理するための革新的な気候変動に強い技術の開発プロジェクトの実施に取り組んでいます。  

 

一般に、環境保護、生態系のバランス、水資源の合理的利用を確保するためのウズベキスタンの長期政策は、国際的な気候変動問題の実現を背景に、非常に緊急性の高いものとなっています。私たちの取り組みは、ウズベキスタンだけでなく、中央アジア全体の環境状況のさらなる改善に貢献するはずです。

 

最後に、アラル海の問題は、すでに被害が甚大であることから、官民の協力が必要であり、これらの状況を少しでも良い方向へ転換させるために、様々な支援が必要であることを申し添えておきたいと思います。  

 

ご清聴ありがとうございました。