世界の旗

世界環境サミット
in SDGs Virtual City

コスタリカ共和国・駐日大使

アレクサンダー・サラス・アラヤ 様

 2020年8月現在

全文紹介

皆さん、こんにちは。
まずはじめに、第2回世界環境サミットを開催して下さり、私を招待してくださったことに感謝したいと思います。
簡単にですが、私の国であるコスタリカの持続可能な開発への取り組みについてお話します。

 

コスタリカにはいくつかの良い特徴があります。この国は軍隊を持たない平和な国です。2018年の人材開発部門では高い数値を示しています。ラテンアメリカで最も強力な民主主義国の68位に位置しています。教育への投資が盛んです。社会保障制度が充実しています。国土の4分の1が国立公園または保護地域でもあります。
しかし、この国には負の特徴もあります。それは、深刻な貧困問題があることです。人口の20%が極度の貧困レベルにあります。また、インフラの整備も遅れています。公的債務も多く、脱税も目立ちます。社会には根強い格差があります。また、その格差が拡大しています。
その一方で、世界は、生物多様性の低下、気候変動、そして今、SDGs達成に向けた取り組みを妨げる世界的な健康問題の大流行という3つの深刻な危機に直面しています。

 

Covid19のパンデミックは、ちょうど人類が世界最大の課題に対する持続可能な解決策の実行を加速させているときに発生しました。
しかし、このような状況になったことで、私たちは自分たちがこれまで何をしてきたかを考え直し、この機会を利用して未来を再構築し、クリーンエネルギーと持続可能なサービスというシステム的なアプローチで環境問題の解決と復興を推進していくための好機としなければなりません。
私たちは、自然の力を活用した解決策の重要性を世界で共有しなければなりません。
地球の気温を調整するという重要な役割を担っているため、私たちの生存に欠かせない海の保護を強化することが重要です。
コスタリカは、生物多様性と海洋保護の増加が、パリ協定で設定された地球の1℃以下の気温上昇という目標を達成するための重要な要素であると考えています。

 

コスタリカは、持続可能な開発のために行動しています。SDGsの多次元的な性質に沿った全体を理解し、各課題を想定しています。
コスタリカでは、憲法において持続可能な開発の重要性が謳われており、国家が全国民の最大の幸福を追求することが規定されています。
富を最適な方法で分配することで、すべての人が健康で生態学的にバランスのとれた環境を持つ権利を有することを促進させています。「誰一人取り残さない」という概念は、国の開発アジェンダの中心に据えられており、子どもやユダヤ人の高齢者、女性、移住者、障害者、先住民、アフリカ系住民のための特定の公共政策は、持続可能な開発と人口動態アプローチを統合し、平等な持続可能な開発の権利基盤であると定めています。

 

2030年のアジェンダは、すべての世代の合意に基づいていなければなりません。
その実施には、革新的な公共政策と管理が必要であると考えています。
SDGsの実施は、政府の戦略の一部であり、組織的な計画と予算に含まれます。私たちは、このプロセスで誰も取り残されないようにしなければなりません。
それは国家の責任です。しかし、国は単独で行動することはできません。政府は開発を行う上で基本的な責任を負っていますが、SDGsの多次元的で相互に関連する性質を考慮すると、他の分野の貢献も同様に重要です。すべての目標を同時に前進させる必要があります。

 

コスタリカは2016年9月、SDGs達成のための国立公園を創設するという画期的な一歩を踏み出しました。この国立公園には、政府の三部門であるビジネスセクター、市民社会組織、大学、コミュニティ組織、地方自治体が参加し、政府、民間企業、市民社会のパートナーシップが形成されています。政府は、SDGsを実施するためのリソースを総動員するために、民間企業、社会団体、学界、科学界、国連機関などの機関に対するガイダンスを提案しています。地球上の人々を中心に据えた原則と共通のビジョン、目標に基づいた包括的なパートナーシップが、世界、地域、国、地方の各レベルで必要とされています。
 

本質的な課題の一つは、人々が真の機会と能力を提供する政治的決定を受け入れることであり、それによって人々はより良い生活の質を保ち、個人的なプロジェクトを実行することができます。
 

2017年、コスタリカは、この包括的なコミットメントの一環として、SDGs、貧困との闘い、持続可能な生産と消費、持続可能なインフラとコミュニティ構築のための交流と相乗効果を促進するために設立された3つの入口を設定しました。
 

2018年、コスタリカは、2030アジェンダの目標を国家プログラムや公共投資プロジェクトとリンクさせるために、国家開発・公共投資計画をSDGsに適合させました。効果的な実施のためには、ビジョン計画と資金調達の間に相乗効果が必要であることを認識し、国家開発・公共投資計画2019 2022にSDGsも組み込みました。
 

さらに、2019年、コスタリカは、現代の持続可能な開発の環境・社会・経済面のバランスをとる新しいパラダイムに向けたロードマップとして、国家的な脱炭素化計画を開始しました。
 

また、2019年5月、コスタリカは、人権の促進と擁護に対する国のコミットメントを確認するとともに、この分野で国が支出の課題を抱えていることを認識しました。
 

2015—2020年の国家戦略計画は、コスタリカの都市計画における課題と、統合的な開発比率の確立の可能性に基づいています。
さらに、この点では、気候変動の影響やCO2排出量の削減に関するアクションが含まれており、この長期的な開発のためには、受け入れられた勧告に基づく脱炭素化の計画に基づいています。SDGsと人口指標との整合性を図りました。
私たちは、17のSDGsすべてについて、より人道的で厳格な公共政策のプロセスにコミットした政策管理を実施するために確固たる統計能力を開発しました。また、分析したSDGs指標の59%がポジティブな傾向を示した2017年と2020年の期間の累積結果の確固たる統計能力も開発しました。

13%は安定的で規則的な動きをしており、28%だけが負の傾向を示しています。COVID 19が引き起こした危機は、組織的な混乱を引き起こし、過去5年間のSDGsの進捗に悪影響を及ぼしました。
また、それは持続可能な開発モデルの導入を加速させるためのコミットメントを再確認する重要な機会でもあります。
人権と緑の復興に焦点を当て、私たちの計画とプログラムは、経済の変革に向けた公正な移行と、イノベーションの活用を考慮しなければなりません。そうすれば、教育における不平等が減り、すべての人に雇用の機会が増えることで、「アフターコロナ」の未来は明るくなります。

 

繰り返しになりますが、私たちは誰も取り残さないようにしなければなりません。
 

ご清聴ありがとうございました。