グランプリ受賞:小林 りこ さんインタビュー

第1回世界環境学生サミットが行われ、世界5カ国、27名の参加者がエントリーしてくれました。

今回表彰された4人の方にインタビューを実施し、次回の参加者の参考に。

また、一人でも多くの大人の方にも見ていただければ幸いです。

 

グランプリ受賞 :小林 りこ さん

 

受験シーズンでお忙しい中、インタビューに答えてくれました。

事業展開を構想し、具体的に動いていく予定の小林りこさん。今回、初代ブランプリとしてどのような感想をおもちになったのか。また、学生ならではの視点の提案も必見です!

 

ーこの度はグランプリおめでとうございます。


有難うございます。世界環境学生サミットを創り上げてくださった皆様に感謝を申し上げたいです。

ー参加してみてどうでしたか?

日本全国、そして世界各地の学生が、SDGsという共通の目標を通じて集い、考えやアクションを共有しあえたことは、計り知れないほど意義があると思います。
また、世界環境サミットの方でもVirtual Cityだったからこそ、様々な取り組みをされている方の生の声をオンラインで視聴することができ、大変興味深かったです。

 

ー学校や友達からの反響はいかがでしたか?

この機会を通じて、友人や知り合いにプレゼンテーションを見ていただくきっかけになったことが一番の意義だと思います。社会の課題やそれに対する私の考えを、このような形で発表させていただくことが、少しでも課題に目を向ける機会になってよかったです。

 

ー今回の出場は時間のない中だったかと思いますが、振り返ってみていかがでしたか?

両立を支えてくれた周りの方々に心から感謝しています。
また、オンラインサミットだったため、自分で時間を調整して参加することができたのは、世界環境学生サミットならではだと思います。

 

ー現在、事業を始めるための準備をされていることをスピーチでもお伝えしていましたが、改めてどのようなサービスなのか教えてください。

誰でもスポーツに挑戦できる環境を整えるために、スポーツ施設の情報をバリアフリーやユニバーサルデザインの観点からわかりやすくまとめて発信するサービスを考えています。情報や施設の整備が十分でない部分があり、障害を持たれている方がスポーツに挑戦する際のハードルが非常に高いのが現状です。そのため情報を整備し、スポーツ施設への行き方や施設内の雰囲気などを伝えることで、スポーツを始めやすくできればと考えています。スポーツを通じて様々な人との接点も生まれ、長期的には相互理解の促進にもつながるのではないかと思います。

 

ー今回世界環境学生サミットは中学生〜大学生までが対象です。学生の視点としてこの企画に対してどのような感想をもちましたか?

学生は学校生活で世界が完結してしまいがちですが、学生ならではの視点で社会全体に発信することの意義を強く感じました。
今まで当たり前だと思っていたことに対して、中学生〜大学生だからこその視点で、問題提起して発信することは、「多様性」を強みにしてくためにも必要かつ重要だと思います。私もまだまだ勉強中ですし大それたことは言えませんが、このサミットをきっかけに、より多くの学生が身近な気づきを社会課題に昇華させるきっかけになればと思います。

 

ー世界環境学生サミットがもっと盛り上がるアイデアはありますか?

学校や部活、既存のコミュニティとより連携をとって、たくさんの志を持った熱い学生にアプローチできればと思います。

 

ー今後、世界環境学生サミットに参加される学生にメッセージをお願いします。

身近な気づきの中に、実は社会と繋がっている問題が隠れていることは多々あるのではないでしょうか。学生ならではの目線を活かして、それぞれの想いを発信できるこのサミットへの参加を通じ、一緒に行動に移していければと思います。
今後の参加する方々のプレゼンテーションを楽しみにしています!

 

あとがき

グランプリを受賞された小林りこさん。彼女の冷静で、それでいながら熱い思いは見る人を魅了します。
まだ高校生、これから受験を迎える時期にチャレンジをしてくださいました。
スタッフ一同、感謝とともに、大学生に向けての新しい挑戦も応援しています。