「世界初の新技術 BPM技術」一般社団法人 JANIC BPM

2020年4月29日(水)〜5月1日(金)
配信時間:11:00~16:00 (JST)
「世界初の新技術 BPM技術」

Zoom
 

※ライブ配信は各企業60分で、オンラインツールZoomを利用して行われます。世界中から無料で視聴が可能です。配信時間をご確認の上、是非ご参加下さい。

企業情報

企業名 一般社団法人 JANIC BPM
配信タイトル 「世界初の新技術 BPM(別名IPM)技術」
企業概要

JANICBPMとは世界初の新技術であるBPM(別名IPM)技術を紹介しています。
世界各国の一流の医療技術、治療技術、自然技術、科学技術などの集大成をとり、
人や生き物の健康や美、仕事や暮らしをこれまでにない新スタイルでサポートしている
企業です。

 

BPMを世の中に提供する役割から、人々の本来持っているスペックを引き出し、
生きていく過程の中で必要とする最大の答えを提供し、 活気のある人生をサポートすることを心がけています。

 

Janicbpm BPMとは

Janicbpm -Bhashini Psychosomatic Medicine-

1925年にドイツで解明され、日本には、1962年に九州大学で取り入れられた、
ドイツの全ての医科大学の必須科目である心身医学の考え方を元に、
その他世界各国の50種類もの一流技術を組み合わせたその集大成の最先端のヒューマンケア技術です。身体に生じるトラブルが、目に見える領域以外に後2つの領域に影響されて生じるという解説をしている

新発想で、30年以上根本療法として多くの人々の中で素晴らしい結果を提供してきました。コロナ・感染症も含めて物理的に人体のトラブルや病気予防を行うことに現代医学でも限界が来ている今の中、BPM技術はそこに当てた多くの解決をしています。

 

BPMの考え方とは、人体のトラブルが目に見える物理的な原因だけではなく、
その人が体験している目に見えない影響力が原因で起こるという考え方です。

つまり、人の肉体の美や健康のトラブルは、物理的な原因以外にも、脳、意識、不随意筋がつくる目に見えない影響力と当人が意識している現在のストレスが原因となり、

この3つの原因が重なったときに病気や人体の不具合が発生するということなのです
連絡先
 
代表理事 田宅 裕一 
〒659-0066
兵庫県芦屋市大桝町7-2 芦屋ファイブ302号
TEL:0797-61-8348
https://janicbpm.or.jp/form.php
企業ホームページ https://janicbpm.or.jp/
Zoom URL  

UD TALK (翻訳ツール)
プレゼンブース
URL  https://bit.ly/3aI7zDP
QRコードは右から

UD TALK (翻訳ツール)
質問ブース
URL  https://bit.ly/3d0jpdV
QRコードは右から
 
 

【取り組んでいるSDGs】
--(1)貧困をなくそう--
--(2)飢餓をゼロに--
--(3)すべての人に健康と福祉を--
--(4)質の高い教育をみんなに--
--(5)ジェンダー平等を実現しよう--
--(6)安全な水とトイレを世界中に--
--(7)エネルギーをみんなにそしてクリーンに--
--(8)働きがいも経済成長も--
--(9)産業と技術革新の基盤をつくろう--
--(10)人や国の不平等をなくそう--
--(11)住み続けられるまちづくりを--
--(12)つくる責任つかう責任--
--(13)気候変動に具体的な対策を--
--(14)海の豊かさを守ろう--
--(15)陸の豊かさも守ろう--
--(16)気候変動に具体的な対策を--
--(17)パートナーシップで目標を達成しよう--
--コロナに負けない!!コロナ対策ブース--